いつだってヒーロー

統合失調症の美容師

水族館の力。

この前、彼氏さんとドライブがてら水族館などへ行きました🌼

最近の2人はギクシャクしてるよねということもあったので...

 

コロナの心配もありましたが、人出の少ない曜日と穴場スポットをチョイスしました。

 

 

展示されている魚の少ない小規模の水族館ですが、手作りの説明文で温かみがあったり、魚の1匹いっぴきの魅力を感じられて、私の中で現在No.1の水族館です🐡

あと、2人でセイウチの大きさにびびっていました笑

 

f:id:chachamot:20210802191044j:image

 

 

この日は...

 

よく笑いました。

たくさん冗談も言いました。

癒しでした。

本当に楽しかったです。

 

 

一日の締めくくりになんとな〜くラーメン屋に立ち寄りました。

ラーメンの温かさと美味しさでなんだか心が優しい気持ちになって、振り返るとこの一日が幸せでいっぱいでした。

 

また水族館もそのラーメン屋も行こうねと話しました。

 

 

もし、生きるのに疲れて息苦しいそんな時があっても、そこにある幸せで満たしていきたいです。

今、とても幸せです。

 

f:id:chachamot:20210802191047j:image

f:id:chachamot:20210802195449j:image

愚痴や悪口を言わない生活。

私って愚痴や悪口をよく言う方なんですよね。

ずっと前からです。

そんなところで、2020年の12月からこんな心がけを始めました。

 

 

きっかけからお話しすると…

 

当時の主治医に「悪口やゴシップを言わないようにね」と、診察の際に言われました。

その主治医は優しくて良い人だと思っていて、その人が言うのならやめようと思いました。

あと、私の父母は滅多に愚痴や悪口で人を悪く言う人じゃないです。

なので尚更、人を悪く思うことがあっても口にすることは止めようと思えました。

 

愚痴や悪口を言わないように意識する一環で、手帳のカレンダーに悪い言葉を言わなかったら赤いボールペンで花丸を書いています。

そんな習慣をしています。

それ以降気付いたことが、人を悪く言うのってスッキリしないものなんですね…ということです。

あと、それを聞いている人も表情が良くなさそうなことも。

 

 

今まで、ひどい言葉を言ったり聞かせたりしてごめんね。

人間性って大切ですよね。

私は変わっていきます。

 

f:id:chachamot:20210802100123j:image

抱え込みすぎたかも。頑張りすぎたかも。

昨日は早く寝たので、今日は深夜2時前に起きてしまいました。

この時は、睡眠時間はトータルで5時間くらいですかね。

 

もともと、睡眠時間は少なめなんですが、それを差し置いて、最近は特に睡眠リズムが不安定です。

 

この前、店長にモラハラめいた言葉を言われてから、あまり眠れていません。

そのモラハラ気味のご叱咤がこちらです。

 

chachamot.hatenablog.com

 

 

先日、診察日だったので主治医に睡眠の様子を言ったら…

 

「日中眠くならなければ、それがその人の最適睡眠時間です。でも、今のあなたは睡眠薬を飲んだ方がいいですね。」

 

でした。

とりあえず、睡眠薬に頼ってみます。

 

睡眠に関してはこんな感じです。

 

 

 

 

以前から、仕事やら結婚やら、Wワークをしようとしたり、悩んでいたので疲れています。

そのお悩みの話がこちらです。

chachamot.hatenablog.com

 

Wワーク希望と労働契約の塩梅について、ハローワークの担当者さんに問い合わせをしました。

 

すると、障がい者トライアル雇用中にWワークをすると、仕事の様子が正確に評価できなくなるので、今の仕事に集中してWワークはやめた方がいいそうです。

収入が苦しいのも想像するに容易いですが、今のお仕事は様子次第で労働時間の引上げも考える職場なのです。

もう少し考える時間もあっていいんじゃない?とのこと。

あと、頑張りすぎじゃない?とのお言葉。

 

 

一旦、お悩みは、今のお仕事に集中するということで、頭の隅に置いておきましょう。

 

 

 

私、頑張りすぎたのかな…

今は正直、少し精神的に落ち着きたいな。

しんどそうな話ばかりでごめんなさい(。-人-。) 

 

 

今日のメモを載せてみます📝

f:id:chachamot:20210801051816j:image

 

結婚のことを考えるのがつらい。

自分は今の彼氏さんといづれ結婚したいと考えています。

私は彼と相性がとてもいいので、他の人に代えられないと思っています。

 

でも、結婚したいって気持ちだけじゃできないじゃないですか…

私が経済的に未熟だから、なかなか彼は踏み切れないそうです。

 

 

あと、付き合っている女の方はアラサーだし4年以上もお付き合いをしていて先が見えないので、彼の両親も心配しています。

「彼女ももうすぐ30歳だから、ケジメをつけなさい」

と、家でそう言われるみたいで、それも彼にとって負担なんだそうです。

 

 

 

その私の経済的な問題で彼から提案がありました。

 

「もし、みゃあが30歳になるまでに月に10万円以上稼げなかったら別れよう。」

「その条件を満たしたら、ケジメをつけて一緒になろう。」

 

 

とのこと。

 

 

私は少し結婚に楽観的になれないです。

今はパートで週3回の4時間勤務で、稼げる金額なんて知れているじゃないですか。

今の美容師の仕事はあと数年は頑張らないと、労働条件は増やせない契約です。

なので、副業を検討しています。

仕事が増えることでの、片方の仕事がままならなくなったり、自分の健康状態も心配です。

 

 

 

気分も暗くなってしまいます。

2人で結婚の話を遠慮しています。

彼との関係も悪くなりそうです。

 

 

もう履歴書は書けたので、簡単そうな仕事を探します。

あと、誰かに意見をもらいます。

 

 

今は心痛です。

彼のためにがんばる。

 

 

昨夜は月が眩しかったなぁと。

夜明け前に撮った月を載せてます。

f:id:chachamot:20210727063303j:image

潜在性甲状腺機能亢進症になってた。

病気の話ばかりですいません。。。

 

 

 

18歳のある日、病院の看護師さんに指摘されたんです。

 

「あなた甲状腺腫れてるようにみえるわ。一度、検査するのもよさそうね。」

 

それ以来、血液検査と超音波検査を度々しています。

検査結果はずっと脳下垂体ホルモンと甲状腺ホルモンのバランスが悪いんです。

ここ最近は、半年に一度の検査をしていましたが…

 

 

直近の超音波検査では、甲状腺の肥大が確認できました。

私は甲状腺の右側が膨らんでいて、左側がでこぼこになっていました。

潜在性甲状腺機能亢進症だそうです😰

俗にいう、バセドウ病に片足突っ込んだ状態です。

 

 

自覚のある今の症状は、異常な発汗と太れないことです。

あと、軽く情緒不安定ですし…

 

これからは3か月に一度検査することになりました。

今度、病院に通院したときに、専門の病院に行ったほうがいいのか聞いてみたいです。

 

 

眼球突出するのかな?

ガリガリになるのかな?

働けなくなるのかな?

いつか手術とか…🥶?

 

 

年齢が上がってくると、健康でいるのが難しいんですかね…

 

私の身体、どうなっていくんだろうと思いつつ。

経過観察していきます。

キツい言葉を言われた…。でも、アフターフォロー。

落ち付いた今だから言えることなんですが…

怒られて落ち込みました💦

 

以下、長文です。

 

 

つい先日、勤め先の美容室へ行ったんです。

お洒落したいなと思ってしたことが、ドレスコードを破ってしまったんです。

 

 

それを皮切りに店長が私にお叱りの言葉を頂きました。

思いつき且つ、言葉を選んでいないかの如く、詰まることなく仕事に関係ないことまでサラサラと…

「はい、はい。わかります。そうですか。すいません。そうですよね。」と相槌を打っていました。

心の中ではびっくりしすぎて、この時までは無心でした。

そして、時間差で不快感で心が満たされ隠しきれなくなり、無表情で冷めた表情と態度でしか気丈に振舞えませんでした。

店長は人生の先輩ですから、余裕があるのかな?。

私の態度に響くこともなく、通常通りの様子のようでした。(たぶん)

 

 

その日は、何も考えず何も感じずに帰宅して、家族や彼氏さんに愚痴を言いました。

言われた言葉の数々を口にすると、心がガクガク震えて弱り果ててしまい、涙と鼻水を垂らしながらその日のことを訴えました。

その言われた言葉は、私個人の否定と誹謗中傷もあって、現代のコンプライアンスに引っかかると私も感じましたし家族も彼氏さんも異口同音でした。

言われた言葉は個人情報であまり書けないですが、「あんたは下の下の下」「美容師のいじめ対象だよ」とか。。

 

しばらく時間が経つと、

 

「私も悪かったな」

「店長も過酷な時代の人だし普通のことなのかな」

「みんな耐えてきたものなのかな」

「いい仕事を手に入れたのに台無しにしたくない」

「適当なタイミングで辞職したい」

 

などなど、いろんな自分がいました。

あとは、本当に自分という人間の特徴が、劣等で差別対象、非難の的なのだと思ったし、心は孤独なんだと思いました。

人の顔という顔が「一緒だと思うな。お前とは違うんだ」と伝えてくるようで心が潰れそうでした。

自宅の外であったり、気の許せない空間が怖くも感じました。

 

その日は、あの店長の感じだときっとあっけらかんとしているであろうと楽観的な予想を信じて、ほんのほんの少しだけ安心してから頓服の睡眠薬を飲み込んで眠りました。

 

 

また出勤日が来て、学生の頃から応援歌にしていたウルフルズのガッツだぜのPVを見て元気を出して、とにかく無心でお仕事へ向かいました。

すると、普段通りの店長と疑心暗鬼の私が…

店長が私に見せたいものがあるとバックヤードへ呼びます。

私が仕事をしやすいようにしてほしい仕事を具体的にまとめましたと壁にメモがありました。

店長曰く、私のお仕事も夢も応援しているとのこと。

メモの最後の「いつもアリガトウ」の言葉が。。

 

 

先日はいろいろ言われて嫌いになりそうだった(?)なるはずだけど、店長は普段はとても優しいんです。

その優しさを直近の出来事で言うと、またブログに書きますが、私が労働時間を上げられる条件というのを3つ挙げてプリントにしたものを私にくれて、そのプリントはハローワークの職員さんも感心して、複製を今後の参考に保存したいとのことでした。

私は優しい人だなと思っています。

 

ちょっと落ち込んだけど、私は今のお仕事はやりたいことで簡単に辞められないから、芯を持っていけたらなと思います。

やる気云々が基準ではなく、健康を害さないまで…と、今のお仕事を続ける基準と決めました。

健康が続くまで、無理禁物で美容師人生このか弱い足でで歩いけたらな…と思います。

 

明日は仕事がお休みなのでほのぼのとKindleで接客の本読みます。

店長怖かった...

我が道を行きすぎな自分…。

私って仕事をなんでしているんだっけと思うときがあります。

 

自己実現。自己成長。

とかとかはよく綴ってきました。

最近、気が付いたのが、幸せになりたい自分です。

 

 

 

仕事をに纏わることで時々ですが苦しく思う時があって、帰り道でフッと「また働いてしまった 🤕」と、思うんです。

正直、この瞬間って幸せじゃないです。

 

人の可能性を信じたいとか希望を生き方で表現したいという意味を込めて、誰かに頼まれた訳でもないのに、行動していますがその自分が好きというのもあると思います。

そのことを信じている時間は心が満たされていますから…

利他的思考と言って自分の為だったり前向きだけがすべてじゃないのもありますが、人の人生ではなく自分の人生を自分が信じる生き方をしてみたいです。

自分の人生を決めて生きるのが幸せなので、そんな生き方やってみたいです。

 

 

そんなこんなで練習道具が揃いました。

 

f:id:chachamot:20210708055821j:image

コツコツ型ではありませんが、今できることをしていきます。